野手の守備の基本

ここではソフトボールでの野手の守備の基本について見ていきます。
上達の参考になれば幸いです。

野手の守備の基本記事一覧

守備の構えがしっかり出来ていますか?ソフトボールでの野手の守備の構えは、両足を肩幅よりやや広く開き、両足に体重を均等にかけて、膝を少し曲げてバッターに正対します。そして、ピッチャーが投球する直前に脱力させて膝から両手を離して打球に備えることが基本です。以前は「投手が投げるやいなや、かかとを上げて打者の打球に備えろ」と言われていましたが、この構え方は最近あまり用いられなくなってきました。何故なら、か...

ゴロの捕り方が上手く出来ますか?ソフトボールのゴロを捕る時に大切になってくるのは、捕球体勢に入ったらグラブを低く構えてボールが向かってくるラインにあらかじめ置いておくことです。この時には、ちりとりでゴミを集める時のような角度で出すのがポイントです。ですが、ボールが来てからグラブを出すと、ラインではなく点で捕るようになり、はじいたり、イレギュラーした時に対応しずらくなってしまいます。基本的には、相撲...

ボールをキャッチしたら素早く投げるクイックスローが上手く出来ていますか?実際の試合になると、捕球してからのんびりしているヒマはありません。その為、ステップしながら捕球し、その流れのまま送球するキャッチボールを普段からやっておくようにしましょう。右投げの場合のクイックスローのやり方としては、正面を向いた状態から左足を前に出したタイミングで横を向いて捕球し、右足にステップしている間にールを持ちかえ、そ...

ソフトボールでショートのスローイングが安定しないという悩みはありませんか?野手がボールを捕った後はスローイングをすることになりますが、守備位置によってオーバースローかサイドスローを使い分けるようになります。ショートゴロが浅めのセカンドよりなら、上から投げなくても横からのサイドスローでもいいですが、三遊間の深いゴロの時は、遠くに投げるようになるので、オーバースローで投げます。捕球をした後の動作ですが...

ショートバウンドが苦手という選手は多いと思います。ショートやサード、セカンド、更にはファーストといった内野手のすべてがしっかり出来るようにしておくことが必要ですね。例え頭を超すような大きなバウンドでも、前に突っ込んでショートバウンドで処理すれば、案外取れるものなので、やはり慣れることが一番の上達の近道かな。(^-^;上手く捕れないというような人は、自分の足のステップとボールのバウンドが合わないから...

ソフトボールで、ショートは色々な複雑なプレーが求められますね。例えば、無死か一死でランナーが一塁にいて、盗塁をてきた時には二塁のベースカバーに入るのはショートの役目です。何故なら、ソフトボールの場合は、打者がバントしてくる可能性が高いので、二塁手は一塁寄りに守って、そのまま一塁のベースカバーに入らないといけないからです。ですので、ショートは必ず二塁ベースに入って、キャッチャーからの送球を捕って、一...