セカンドの ダブルプレー(ゲッツー)

ソフトボールで、セカンドのダブルプレーが上手く出来ていますか?
その時々で2塁手のセカンドのベースの入り方はどうすればいいのか…。

 

セカンドの ダブルプレー

 

まずは、お互いが怪我しないためにも必ずランナーが来る走路をあけないといけません。その為、ランナーを避けてベースに入る必要があります。

 

セカンドがダブルプレー(ゲッツー)を狙う場合、ベースを踏んでから後ろに下がって1塁送球する、逆に前に出て一塁送球する場合がありますが、受けた後にいかに早く送球出来るかがポイントになります。

 

 

その為、捕球と同時に送球へ移るステップワークは何度も繰り返し練習して体に覚え込ませることが必要でしょう。
ベースの入り方の考え方としては、送球の距離が遠ければ、ベースの前、距離が近ければ後ろでステップします。

 

 

例えば、5−4−3のダブルプレーで、サードからの送球を受ける場合には、二塁ベース上で捕球して、ピッチャー側へステップしてスローイングするようになります。

 

 

一連のダブルプレーのセカンドの動きとしては、打球と捕球するサードの動きを見ながら二塁ベースへ入り、送球する3塁手の目標になるように大きな声とジェスチャーで自分の位置を知らせます。

 

 

送球がそれていないことを確認したら、捕球直前に左足を前にステップを始めます。
これが次のスローイングの体勢に移る動作のスタートになります。
そして、捕球と同時にステップしていた左足を地面に着いて、右足を前に出しその足を軸にして一塁へ素早くクイックで送球します。

 

 

また、ショートから送球受ける場合の6−4−3のダブルプレーの動きは、、距離が近いので二塁ベースの後ろ(センター側)でキャッチして、そのまま後ろにステップして一塁へ送球するといいかと思います。

 

 

この時には、左足で最初にセカンドベースを踏み捕球と同時に重心を少し後ろにかけながら、左足でベースを蹴って、右足を後ろにステップ。この右足を軸にして一塁へクイックで素早く送球します。
このベースの入り方を含め、一連の動きが状況に応じて臨機応変にスムーズに出来るようにしていきましょう。

 

 

それには、ベース上でボールをとった後、素早く次の送球をするための体重移動が上手く出来るかがポイントです。
タイミングよくベースに入り、うまく体重移動をして体を使って投げないと、勢いある速いボールが投げられないからです。

 

 

なお、左足にすぐに重心を移動させる意識で行うとよりクイックが早くなりますよ。('ω')ノ

 

合わせて読みたい関連記事

DVDの中身

 

関連ページ

守備の構え
ソフトボールの守備では、正しい構えをとっていれば、どんな打球にも素早く対応できる筈です。
ゴロの捕り方
ソフトボールの内野手が処理する打球の多くはゴロになるので捕り方をしっかり身につけることが大切です。 その際のコツなどを紹介しています。
クイックスローのやり方
スローイングは守備のエラーの半分以上を占めると言われています。 一連のクイックスローが上手くできるように、コツや練習方法を紹介しています。
ショートのスローイング
ショートのスローイングのやり方やコツを紹介しています。
ショートバウンドのコツ
ショートバウンドのコツや練習方法を紹介しています。要チェック!
ショートのベースカバー
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。