ショートの動き(役割)

ショートの動きが上手くできていますか?

 

ショートの動きは、セカンドに似ています。守備範囲も広く前後左右をカバーし、3塁ベースの後方のファウルフライもショートの守備範囲です。

ショートの動き

 

また、2塁と3塁のどちにもベースカバーに入ることもあります。
サードが前に出ているときや、2塁ランナーのスチールでは、ショートが3塁のベースカバーに。

 

 

加えて、左中間やレフト線に飛んだらカットプレーにも走らなければならない。

 

更に内野のなかでもっとも1塁ベースから遠い三遊間の深いところから逆シングルでキャッチになるので、下がりすぎてしまうと間に合わなくなってしまいます。

 

ぎりぎりの捕球できるところでボールを捕ったら、右足で踏ん張って送球しなければならないので、肩の強さはもちろん、運動能力の高さ、体幹の強さも求められます。

 

 

二遊間の打球は普通の捕球になりますが、ピッチャーの横を抜けた速いゴロなどの打球も間に合うようする。

 

スラップバッティングでは、二遊間や三塁間の打球になることが多いですし、プッシュバントの弱い打球に対してはランニングキャッチ。

 

そしてランニングスローも出来るようにする必要がありますね。

 

 

このようにショートの動き(役割)は多岐にわたります。

 

やはり、守備の上手い選手は、捕球や送球のスキルが高いのは言うまでもないですが、それ以前にポジショニングが的確なことが多いように感じます。

 

ランナーの走力や、バッターのタイプを考えて、打球が飛んできそうなところや、カバーしなければいけないベースを前もって予測しているから、素早く動くことができる。

 

 

それにより、守備範囲が広くできるんですね。

 

ちなみに、三遊間から1塁への送球は距離があるので、肩が弱かったり捕り方によってはノーバウンドで送球することが難しいこともあるはず。

 

そんなときには投げ方を改めることでノーバウンドで投げられるようになりますよ。

 

TOPへ

 

関連ページ

守備の構え
ソフトボールの守備では、正しい構えをとっていれば、どんな打球にも素早く対応できる筈です。
ゴロの捕り方
ソフトボールの内野手が処理する打球の多くはゴロになるので捕り方をしっかり身につけることが大切です。 その際のコツなどを紹介しています。
クイックスローのやり方
スローイングは守備のエラーの半分以上を占めると言われています。 一連のクイックスローが上手くできるように、コツや練習方法を紹介しています。
ショートのスローイング
ショートのスローイングのやり方やコツを紹介しています。
ショートバウンドのコツ
ショートバウンドのコツや練習方法を紹介しています。要チェック!
ショートのベースカバー
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
セカンドの ダブルプレー'(ゲッツー)
セカンドの ダブルプレー(ゲッツー)のベースの入り方から素早い送球をするには?
守備のフットワークのポイント
ソフトボールの守備でもフットワークが大切です。 そのポイントを紹介します!
シングルハンドキャッチのコツ
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
ベースカバーの入り方
ベースカバーの入り方の基本とは…。