守備の基本の考え方!状況ごとの守備の動きとは?

ソフトボールで相手チームに得点を与えない為には、守備の基本の考え方を理解しておくことが大切です。

 

何故なら、ソフトボールの試合では、一瞬で判断してプレーしなければならないからです。

 

その為には、状況ごとの守備の動きを覚えましょう。

 

 

例えば、無死一塁の状況では、ケースバッティングの守備を行わなければなりません。

 

そのようなケースでは、最低でもバッターをアウトにするような守備
を行うようにすること第一に考えます。

 

そのうえで、まず守備で警戒しなければならないのはバントです。
相手チームは、走者を進めることが一番の狙いなので、一・三塁手は前進守備に切り替えることが必要。

 

 

バントが強く三塁手の正面に転がってきたら、一塁走者を二塁で刺すチャンス。

 

その場合、本人、キャッチャー、あるいは一塁手がアウトに出来るタイミングを判断して声を出して指示を出します。

 

逆に、バントが弱くても、キャッチャーの守備範囲なら同様に一塁走者を刺すチャンスになります。
その場合、本人、あるいは遊撃手が判断します。

 

 

更に、キャッチャーは盗塁されることも頭に入れておかないといけません。
野手に指示して守備位置を変えたり、配球の組み立ても考えることが必要です。

 

また、エンドランを三塁手が処理できれば、ダブルプレーも狙えます。その場合は打球の強さやランナーのスタートなどから判断します。

 

同様にプッシュバントが一塁手の守備範囲にきたらダブルプレーのチャンス。
遊撃手が二塁ベースに、二塁手が一塁ベースに入ります。

 

 

外野手は、バッターが強打者ならやや深い位置を守ったほうがいいかもしれません。

 

外野の間を抜かれたら二・三塁、悪ければ一点をとられてしまうからです。

 

守備で実戦でも生かせる効果的な守備練習をするなら、テーマを決めてやるといいです。

 

 

上記の「無死一塁」や「一死三塁」だけといった具合にやれば効果的な実戦練習ができるはずです。

 

練習で上手くいかないことは試合でも出来るはずがないので、練習で失敗した苦手な部分を徹底的に繰り返し行って克服できれば、それがチーム力アップになります。

 

なお、実戦練習は守備の基本を身につけ、ある程度個人技が出来るようになって取り組むようにしましょう。

 

TOPへ

 

関連ページ

守備の構え
ソフトボールの守備では、正しい構えをとっていれば、どんな打球にも素早く対応できる筈です。
ゴロの捕り方
ソフトボールの内野手が処理する打球の多くはゴロになるので捕り方をしっかり身につけることが大切です。 その際のコツなどを紹介しています。
クイックスローのやり方
スローイングは守備のエラーの半分以上を占めると言われています。 一連のクイックスローが上手くできるように、コツや練習方法を紹介しています。
ショートのスローイング
ショートのスローイングのやり方やコツを紹介しています。
ショートバウンドのコツ
ショートバウンドのコツや練習方法を紹介しています。要チェック!
ショートのベースカバー
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
セカンドの ダブルプレー'(ゲッツー)
セカンドの ダブルプレー(ゲッツー)のベースの入り方から素早い送球をするには?
守備のフットワークのポイント
ソフトボールの守備でもフットワークが大切です。 そのポイントを紹介します!
シングルハンドキャッチのコツ
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
ベースカバーの入り方
ベースカバーの入り方の基本とは…。
ショートの動き(役割)
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。