ランニングスローのやり方とポイント

ランニングスローは、前方に走って行きながら捕球し、その勢いを利用して投げる方法。

 

ソフトボールの守備においても内野手や外野手に有効な投げ方です。

ランニングスローのやり方

 

内野手のショートやサードなら、ポテポテのゴロを処理する場合、時間的にステップしても間に合わないので、ランニングスローを覚えておくことも必要です。

 

 

基本的な守備に必要な構えから、スタートダッシュ、スローイングなど、足を止めずにボールを取りに行き、進行方向に投げるということができることが前提になります。

 

 

バスケットボールでドリブルから一気にシュートに持ち込むように、走り続けているなかでボールを処理するというのがポイントです。

 

ボールを捕りに行くというよりは、ボールを攻めていく意識を持つことが大切かもしれません。

 

例えばショートの場合のランニングスローのやり方としては、ボールに向かって真っ直ぐ走り、左足を出したところでしっかりとボールを捕球します。

 

 

そして、上体を傾けながら左足で強く踏みきり、フォロースルーで肘を返すようにして投げます。

 

ダッシュしながらでも、投げる瞬間には相手のほうをしっかり見て投げることが大事です。

 

普段の守備練習から構えは、膝に余裕を持ちながら下半身の関節を柔らかく強く、上半身はしなるように柔らかくするというイメージで行うと、1歩目のスタートが早くなります。

 

 

なお、ソフトボールの守備練習でも欠かせないのがノック練習ですが、狙い通りのコースに緩急をつけた打球をノックで出せるコーチや指導者がいるチームは、効率も質もアップします。

 

基本的な守備の練習をしていても、足が止まってしまったりする選手も多いので、ランニングスローなど少し足を動かして捕るノックを入れて、どんなボールがきても対応できるようにノックで出してあげるといいでしょう。

 

TOPへ

 

関連ページ

守備の構え
ソフトボールの守備では、正しい構えをとっていれば、どんな打球にも素早く対応できる筈です。
ゴロの捕り方
ソフトボールの内野手が処理する打球の多くはゴロになるので捕り方をしっかり身につけることが大切です。 その際のコツなどを紹介しています。
クイックスローのやり方
スローイングは守備のエラーの半分以上を占めると言われています。 一連のクイックスローが上手くできるように、コツや練習方法を紹介しています。
ショートのスローイング
ショートのスローイングのやり方やコツを紹介しています。
ショートバウンドのコツ
ショートバウンドのコツや練習方法を紹介しています。要チェック!
ショートのベースカバー
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
セカンドの ダブルプレー'(ゲッツー)
セカンドの ダブルプレー(ゲッツー)のベースの入り方から素早い送球をするには?
守備のフットワークのポイント
ソフトボールの守備でもフットワークが大切です。 そのポイントを紹介します!
シングルハンドキャッチのコツ
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
ベースカバーの入り方
ベースカバーの入り方の基本とは…。
ショートの動き(役割)
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
守備の基本の考え方!状況ごとの守備の動きとは?
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
守備の連携の大切さ!他のポジションを経験してみよう
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
守備ステップのコツ!内野と外野の意識するポイント
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
サイドスローの投げ方!肘や肩を痛めない正しい送球方法とは?
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。