守備範囲を広げるコツ!二遊間の打球の取り方とは?

ショートなどを守っている選手で、守備範囲を広げたいと思いませんか?

 

ソフトボールでの守備は、個々の選手の捕球から送球までの技術力アップとチーム全体での連携プレーを徹底して強化していくことことが中心となります。

守備範囲を広げる

 

例えば、正面や二遊間の左方向の打球をショートが対応する場合、ゆっくり捕っていては間に合わなくなるので、素早い反応で確実な捕球から送球をする必要があります。

 

 

正面の打球の場合は、バッターが打つと同時に素早く反応して1歩目を出し前に出て捕球して、低い姿勢のままステップしてサイドスローで投げます。

 

左方向の二遊間の打球に対しては、ボールに向かって真っ直ぐ走って、体の正面で捕球し、上体を起こしきらずに、ステップしてサイドスローで投げるようになります。

 

この場合、一塁に近づいてボールを捕るので、オーバースローで上から投げなくても十分にボールが届くからです。
もちろん、選手にとって最も投げやすい送球方法で構いません。

 

 

ショートに必要な打球への素早い反応とともに、正面や左方向の二遊間の打球を捕る場合、右足の前でボールを捕球する意識をもっておくと、あと一歩が踏み出せるようになります。

 

そうすれば、今まで捕れなかった右バッターが二遊間に打つてくる右方向へカーブするような逃げていくような打球に対しても素早く対応できるようになるはずです。

 

これが守備範囲が広がる捕球のコツと言えるかもしれません。

 

 

ソフトボールは、ショート、セカンド、ファースト、サードの4人で内野を守りますが、内野の守備は打球に対する素早い反応と確実な捕球、そして送球が欠かせません。

 

守備はポジションによって意識するポイントは変わってくるので、内野手の個人の技術に不安がある場合は、まずは捕球練習を徹底的に行い、そのうえで全員で守備についてポジション別に練習に取り組んだほうが効率的且つ、効果的に守備力がアップするはずです。

 

守備力を5年で全国制覇レベルにする練習法
TOPへ

 

関連ページ

守備の構え
ソフトボールの守備では、正しい構えをとっていれば、どんな打球にも素早く対応できる筈です。
ゴロの捕り方
ソフトボールの内野手が処理する打球の多くはゴロになるので捕り方をしっかり身につけることが大切です。 その際のコツなどを紹介しています。
クイックスローのやり方
スローイングは守備のエラーの半分以上を占めると言われています。 一連のクイックスローが上手くできるように、コツや練習方法を紹介しています。
ショートのスローイング
ショートのスローイングのやり方やコツを紹介しています。
ショートバウンドのコツ
ショートバウンドのコツや練習方法を紹介しています。要チェック!
ショートのベースカバー
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
セカンドの ダブルプレー'(ゲッツー)
セカンドの ダブルプレー(ゲッツー)のベースの入り方から素早い送球をするには?
守備のフットワークのポイント
ソフトボールの守備でもフットワークが大切です。 そのポイントを紹介します!
シングルハンドキャッチのコツ
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
ベースカバーの入り方
ベースカバーの入り方の基本とは…。
ショートの動き(役割)
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
守備の基本の考え方!状況ごとの守備の動きとは?
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
守備の連携の大切さ!他のポジションを経験してみよう
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
守備ステップのコツ!内野と外野の意識するポイント
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
サイドスローの投げ方!肘や肩を痛めない正しい送球方法とは?
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
ランニングスローのやり方とポイント
ランニングスローのやり方とポイントを押さえて取り組めば、効率よく上達できます。