クイックスローのやり方

ボールをキャッチしたら素早く投げるクイックスローが上手く出来ていますか?
実際の試合になると、捕球してからのんびりしているヒマはありません。

 

 

その為、ステップしながら捕球し、その流れのまま送球するキャッチボールを普段からやっておくようにしましょう。

 

 

右投げの場合のクイックスローのやり方としては、正面を向いた状態から左足を前に出したタイミングで横を向いて捕球し、右足にステップしている間にールを持ちかえ、そこから左足を前に出しながら送球するようにします。

 

 

この時には、グラブを利き手の方へ引くように捕球をするとスムーズにボールを持ちかえることが出来ます。
また、何故正面を向いた状態から行うのかというと、しっかり相手に胸を見せてあげることで、ボールが反れた時にでもサイドステップで対応しやすくなるからです。

 

 

ただ、送球をあせってしまうとボールを落球したり、持ちかえるのに手間取ってしまいます。
もちろん、速く送球する必要はありますが、しっかりキャッチすることが大切です。

 

 

なお、キャッチボールの練習で1歩で行う方法もありますが、守備に活かすなら、クイックスローをする時は細かく前に出たり後ろに下がることを意識して練習をすると効果的です。

 

 

指導する際には一つひとつの動作を確認しながらゆっくりと行うキャッチボールで基礎を身につけ、それが出来るようになったらクイックスローで実戦の送球に近いキャッチボールを行っていきましょう。

 

 

守備に生きてくるクイックの練習方法とは?

 

DVDの中身はこちら

 

関連ページ

守備の構え
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。
ゴロの捕り方
北京オリンピック金メダリスト 三科真澄監修のソフトボール守備の極意DVDのコツや練習方法、口コミなどの情報をお伝えしています。